家賃保証で安心の不動産経営|賢いファイナンス

硬貨と貯金箱

仕組みを作ろう

ウーマン

将来の副収入を安定させるために、若いうちから中古ワンルームマンションを買って不動産投資をする人が増えています。不動産投資というキーワードを聞くと空室リスクを必要以上に恐れる人もいます。しかし、空室リスクが高いか低いかは、どのような投資物件を選ぶかで大きく変わってくるのです。不動産投資で成功している人の多くは、自分なりの一定の基準を作り、その基準に基づいて投資物件を買っています。空室リスクの小さい投資物件を手にする仕組みさえできてしまえば、あとは、淡々と投資物件を購入し続けるだけとなります。中古ワンルームマンションや1棟アパートは、全く同じという物件がなく、どれも異なっているように見えます。しかし、空室リスクの小さい投資物件には、いくつかの共通点があります。その1つが、賃借ニーズの高いエリアに所在しているということです。空室リスクの小さな物件とは、言い換えれば、入居希望者が多い物件となります。入居希望者が多いということは、そのエリアに人が多いか、賃貸物件が少ないか、もしくはその両方となります。賃貸物件の数を調べるのは大変ですが、人口が多いことや毎年人口が流入しているかどうかを確認することは比較的簡単です。まずは人口増加エリアを探ってみましょう。2つ目の共通点は物件が清潔であるということです。実際に投資物件を見に行って確認してみましょう。不動産投資で成功するためには、自分の目でいろいろ確かめることが大切です。